サイトマップ
image01

新着情報

◆2017/08/23
外国人観光客が喜ぶ観光スポットは皇居を新規投稿しました。
◆2017/08/23
ヨーロッパ風の駅舎が魅力的な東京駅を新規投稿しました。
◆2017/08/23
六本木ヒルズは友達同士にもカップルにもオススメ!を新規投稿しました。
◆2017/08/23
東京ドームシティは一日中遊べるレジャー施設!を新規投稿しました。
◆2017/08/23
浅草のシンボル、雷門は様々な歴史があるを新規投稿しました。

浅草のシンボル、雷門は様々な歴史がある

浅草にある雷門は、いつも大勢の人で賑わっています。
雷門と書かれた赤い大提灯の前には記念撮影をする人でいっぱいです。
浅草に来たら、まずは!と訪れる場所としても有名ですが、正式名称は「風神雷神門」というんです。
「風神」というのは風を司る神、「雷神」というのは雷を司る神であり、雷門に向かって右側にある像が風神で左側が雷神となっています。

ここは、いつでも見学することができ入場料などもかかりません。
浅草駅から徒歩2分ぐらいの場所にあるのでとても便利です。
雷門にかかる大提灯は、浅草のシンボルとなっており、高さは3.9mもあります。
直径は3.3mで重さは約700kgもあるそうです。

京都の丹波地方でとれた竹を使って骨組みを作り、周囲に和紙を約300枚貼り合わせています。
貼り合わせている和紙は福井県産のクワ科の植物であるコウゾを原料として100%使用しているので純日本製の提灯として、飾られています。
この提灯は、1971年から京都市にある「高橋提燈」という提灯屋が作っていて、10年ごとに新しく作り直されているそうです。

提灯の底のほうにも素晴らしいデザインがあるので、チェックしてみて下さい。
多くの方が、雷門で写真を撮影して提灯の下を素通りしてしまうのですが、提灯の底には龍が彫刻されていますので要チェックです!

さらに、雷門の大提灯は松下電器(パナソニック)の創業者である松下幸之助ともかかわりがあり、松下幸之助という名前が刻まれているんです。

松下幸之助が病気に悩んでいるときに治癒を願って浅草寺に参拝に行ったそうです。
すると後日、無事に病気が治り、そのお礼として門と大提灯を寄贈したということで、その名前が歴史として刻まれているのです。
雷門にはこんな歴史があるなんて知らなかったという方も多いかもしれませんが、ぜひ写真に残しておいて下さい。

雷門をくぐると、日本で一番古い商店街があります。
180店舗以上のみやげ物屋・和菓子店などがあり、人形焼や芋羊羹など、いろんなものがあります。
和小物のショップもあるのでお土産探しにもピッタリです。

▲PAGE TOP